2005年 講演会



 平成17年2月13日(日)、那須塩原市黒磯文化会館にてフォーラムを開催いたしました。
今年はひきこもりをテーマにした映画「home」の上映会と、実際に映画に出演された小林博和さんと精神科医の関口宏さんの対談が行われました。

映画 「home」
 部屋の中に突然鳴り響く電話。監督である小林さんは、この電話により離れていた実家に帰ることに。その家には7年間ひきこもっている兄、鬱病の母、末期がんの祖母がいる。父はそこから離れた埼玉にいた。家に帰ると、そこに待っていたのは以前と変わらない兄と母の姿。弟は兄に向かっていく・・・。
 ひきこもりという言葉は随分周知されるようになりましたが、その実際はまだまだ伝わっていないのが現状です。これをみて、ひきこもりの問題を身近に捉え、生きやすいようにするためにはどうしていったらいいかを考える機会となりました。

対談 小林博和さん・関口宏さん(精神科医)
 
対談では、映画についての解説とともに、ひきこもっていた頃の小林さんの気持ちやご家族との関係について、またひきこもりという状況についてのとらえ方(解説)についてお話いただきました。
 ひきこもりは状況の病気であって純粋な精神疾患とは違うこと、またそのきっかけは多くの場合はじめから明確な理由があるわけではなく、後になってようやく思い起こされるものだといいます。そして小林さんの場合は、安心してひきこもれる環境にあったからこそ、自分を客観的にみられる余裕ができ次に歩むことできたのかもしれないと話されていました。 また「いつも現在進行形。いつ戻るかっていう不安との戦いなんですよ。」という言葉には、ひきこもりが過去の一エピソードでは終わらない長期的な問題や課題をはらんでいるものであると強く感じました。


フォーラム終了後の声
ひきこもりの実態、対応の仕方、ひきこもっている時の本人の気持ちが理解できて、根っこにある家族の問題を見直す良いきっかけを得られました。
チケットの販売がホリデーと黒磯市役所しかなかったので、他の役所でも販売して頂けたらと思いました。
とてもリアルで、親の気持ちは同じ親として分かったが、当事者の気持ちは他からの言葉で頭では分かってはいたが、まっすぐな気持ちに感じた。弟君の思いが良く伝わった。
毎年参加しています。自分自身、家族のためになり、いつも勉強させられ嬉しく思っています。わが子がまだ小さいので、託児があるのもとてもありがたいです。

今回のフォーラムには324名もの方にご参加いただきました。参加された方々の年齢も幅広く、多くの方が興味を持ってくださったのと実感しました。アンケートにも多くの方にご協力をいただきました。これらのご意見等は、来年以降のフォーラムの参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。


Copyright © NASU FRONTIER All rights reserved.