2006年 講演会


 
近年、日本人の高齢化が進む中で「老い」とはだれもが通るプロセスです。
人は誰しもライフステージの中で様々な経験を積み重ねながら、その人なりに社会とつながり、そしてお互いに支え合いながら生きています。
 私たち自身が今後「老い」をどう捉え、いかに心豊かに自分らしく生きていくかを、みなさんとともに考えていきたいと思います。
 当日はわらじ医者で有名な早川一光さんの講演を予定しています。
 
日 時:  2月12日(日)午後1時〜(12時30分開場)
場 所:  那須塩原市 黒磯文化会館小ホール
参加費:  前売 500円   当日 600円(小学生以下無料)
主 催:  那須フロンティア   共催:那須塩原市

※託児もあります。
お問い合わせは那須フロンティア 0287-63-7777まで

早川一光さん(講師)
 <略歴>
 昭和23年:京都府医科大学卒業
 昭和25年:京都府西陣に住民出資の白峰診療所を創設
 昭和33年:堀川病院に発展し、院長、理事長を経て、
 昭和59年:同職を辞し、堀川病院顧問
        ぼけ老人をかかえる家族の会顧問
 昭和63年:総合人間研究所 所長
 平成11年:堀川病院辞任
       京都府美山町、医療法人美山健康会理事長、所長に就任
 平成14年:同上 辞任
        わらじ医者よろず診療所 開設 所長に就任 


 著書として、「いきいき生きる 人間学のすすめ(京都新聞社)」「老い方練習帳(角川書店)」「早川一光のボケ
 ない生き方ボケても幸せな老い方(海竜社)」「ほな、また、来るで 人を看るということ(照林社)」など多数出版


Copyright © NASU FRONTIER All rights reserved.